(原動機及び電気に関する知識)

問16  
■平成12年7月〜平成12年12月 実施分
電動機の直接制御に対する間接制御の特徴に関する次の記述のうち、誤っているのはどれか。

(1)設備費が安い
(2)制御器のハンドルが軽いので、軽快な運転ができ、運転士の疲労も少ない。
(3)自動運転や速度制御がしやすい。
(4)押しボタン操作で運転することもできる。
(5)急激なハンドル操作をしても、加減速を自動的に行う回路が組み込まれているため、電動機に対する悪影響が少ない。

■平成13年1月〜平成13年6月 実施分
クレーンの制御に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)直接制御は、電動機回路を制御器の内部接点で開閉する方式である。
(2)間接制御では、電動機の主回路に電磁接触器を挿入し、回路の開閉を
  この電磁接触器により行う。
(3)半間接制御とは、電流の多い一次側を直接制御器で制御し、電流の比
  較的少ない二次側を電磁接触器で制御する方式である。
(4)逆相制御とは、故意に逆ノッチを入れ、減速させる方法である。
(5)コースチングノッチは、停止時の衝撃や荷振れを防ぐのに極めて有効
  なノッチである。

■平成13年7月〜平成13年12月 実施分
電動機の直接制御に対する間接制御の特徴に関する次の記述のうち、誤っ
ているものはどれか。

(1)制御器は、小型軽量である。
(2)電動機容量の大きいものでは、ハンドル操作が重くなる。
(3)自動運転や速度制御がしやすい。
(4)押しボタン操作で運転することもできる。
(5)急激なハンドル操作をしても、加減速を自動的に行う回路が組み込ま
  れているものは、電動機に対する悪影響が少ない。

■平成14年1月〜平成14年6月 実施分
クレーンの制御方式等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)直接制御とは、電動機回路を制御器の内部接点で直接開閉する方式で
  ある。
(2)間接制御とは、電動機の主回路に電磁接触器を挿入し、電動機電流の
  直接の開閉はこの電磁接触器で行う方式である。
(3)半間接制御とは、一次側を電磁接触器、二次側を直接制御器で制御す
  る方式である。
(4)逆相制動とは、ある方向に回転している電動機に逆方向に回転するよ
  うな操作を行い制動することをいう。
(5)コースチングノッチとは、ブレーキ電源のみをしゃ断し、電動機電源
  をいかしておくノッチのことである。

■平成14年7月〜平成14年12月 実施分
電動機の制御方式に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)直流電動機の回転方向を変えるには、電機子又は界磁の+(プラス)と
  −(マイナス)を入れ替える。
(2)容量の大きい電動機では、直接制御では回路の開閉のときに、大電流を
  しゃ断するので、接点が消耗しやすい。
(3)間接制御は、直接制御に比べ制御器は小型軽量である。
(4)巻線形三相誘導電動機の制御方式には、直接制御や間接制御のほかに半
  間接制御と呼ぶ方式がある。
(5)クレーンの巻上げ、巻下げあるいは走行の前進、後退の際の電気回路の
  切替えは、制御盤を操作することにより行う。

■平成15年1月〜平成15年6月 実施分
電動機の制御方式に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)間接制御方式では、加減速を自動的に行う方式のものが多い。
(2)直接制御方式は電動機容量の大きい場合には、ハンドル操作が重くなる
  ので使用されない。
(3)床上操作の押ボタンスイッチや無線操作用の制御器は、間接制御方式の
  一形式である。
(4)三相誘導電動機の回転方向を変えることはできない。
(5)間接制御用のコントローラは、直接制御用のものに比べて小型軽量であ
  る。

■平成15年7月〜平成15年12月 実施分
制御器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)押しボタンスイッチは、正転と逆転のボタンが同時に押せない構造のも
  のが多い。
(2)無線操作用の制御器は、直接制御器の一種である。
(3)無線操作用の制御器には、押しボタン式とハンドル操作式とがある。
(4)操作ハンドルには、水平方向に回して操作するクランクハンドル式と、
  縦方向に操作するレバーハンドル式とがある。
(5)ユニバーサル制御器は、レバーハンドル式制御器でハンドルを前後左右
  に操作できるようにし、2個の制御器を同時にまたは単独に操作できる構
  造にしたものである。


Copyrights(C) All Rights Riserved. 禁無断複製、無断転載
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。