(平成15年7月〜平成15年12月 実施分)

問1 (クレーンに関する知識)

 クレーンの運動に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)ドラムに捨巻きを残して、つり具を有効に昇降できる垂直距離を揚程と
  いう。
(2)ジブを旋回させると、作業半径が変わる。
(3)テルハは、荷の上げ下げとレールに沿った移動のみを行う。
(4)橋形クレーンの横行の方向は、通常、走行方向に対して直角である。
(5)ケーブルクレーンでは、メインロープに沿ってトロリが横行する。


問2  クレーンの種類とその主な用途に関する次の組合せとして、正しいものはど
れか。

(1)ケーブルクレーン
        …… ダム工事でのコンクリート打設
(2)クライミング式つち形クレーン
        …… 造船所の船台、ぎ装
(3)スタッカー式クレーン
        …… 橋梁の架設工事
(4)タイヤ付橋形クレーン
        …… ふ頭におけるばら物の荷役
(5)水平引込みクレーン
        …… 倉庫等のたな積み


問3  クレーンの構造部分に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)構造部分の接合には、溶接や摩擦接合用高力ボルト等が用いられている。
(2)ジブクレーンのジブは、シェル構造のものが多く用いられる。
(3)ボックスガーダは、その断面のみで水平力を十分に支えることができる。
(4)サドルは、天井クレーンのガーダを支え、走行のための車輪を備えた構
  造物である。
(5)トラスガーダでは、水平力を支える補助けたは必要としない。


問4  つり具に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)リフチングマグネットは、銅板やアルミニウム板を取扱うときに用いら
  れる。
(2)バキューム式つり具は、ガラス板や鋼板等のように表面が滑らかな板状
  の物を1枚ずつ取扱うのに適している。
(3)グラブバケットは、石炭、鉱石、砂利などのばら物をつかんで運搬する
  ために用いられる。
(4)クローは、製鋼工場において鋼片やレールを取扱う天井クレーンに用い
  られる。
(5)コンテナクレーンには、コンテナの着脱を運転室から操作できるスプレ
  ッダが用いられる。


問5  ワイヤロープに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)「普通より」は、ワイヤロープのよりとストランドのよりの方向が反対
  である。
(2)フィラー形のワイヤロープは、ストランドを構成する素線の間に細い素
  線を組合せたものである。
(3)同じ太さのワイヤロープでも、各ストランドの中心に心綱のあるものは、
  より柔軟性が高くなる。
(4)ワイヤロープの端末とクラブのドラムとの緊結には、合金止めが多く用
  いられている。
(5)フィラー形のワイヤロープは、局部的摩耗による素線の切断が少なく、
  形くずれを起こすことも少ない。

問6  図において、歯車Aが1分間に1600回転するとき、歯車Dの毎分の回転
数は次のうちどれか。
 ただし、歯数は、歯車Aは16枚、歯車Bは64枚、歯車Cは25枚、歯車
Dは100枚で、BとCの歯車は同じ軸に固定されているものとする。


(1)100
(2)200
(3)300
(4)400
(5)600


問7  カム形リミットスイッチに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)直働式のリミットスイッチにくらべ、作動位置の誤差が小さい。
(2)カムの回転角に応じて定められた位置で、リミットスイッチが作動する。
(3)ワイヤロープを交換した場合には、作動位置を再調整する必要がある。
(4)電磁接触器の操作回路をリミットスイッチにより開閉する。
(5)巻下げ位置の制限が可能である。


問8  ブレーキの点検、調整等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)各ピンまわりの給油に注意し、ブレーキが円滑に動くようにしなければ
  ならない。
(2)メカニカルブレーキは、構造が簡単で、点検・調整等の保守がやりやす
  い。
(3)ブレーキの使用ひん度が高いときには、ブレーキドラム等の温度が異常
  に高くなり、ブレーキドラムにき裂が発生することがある。
(4)電磁ブレーキは、電磁石に吸引されたとき鉄心の面が密着しないと、過
  電流が流れて焼損のおそれがある。
(5)ブレーキライニングが摩耗すると、ブレーキドラムを傷つけたり、ブレ
  ーキの調整ができなくなることがある。


問9  クレーン運転時の注意事項に関する次の記述のうち、誤っているものはどれ
か。

(1)運転中に停電したときは、コントローラのハンドルを停止位置にもどし、
  メインスイッチを切って送電の回復を待つ。
(2)橋形クレーンでは、巻上げ、横行、走行の3つの動作を同時に操作して
  はならない。
(3)巻上げるときは、玉掛け用ワイヤロープが張った位置で一旦止め、フッ
  クが重心位置の上にあることを確認して地切りをする。
(4)逆相制動は、危険を回避する場合など、特に必要なときを除き行っては
  ならない。
(5)横行や走行の起動停止時の荷振れを防止する場合には、追いノッチ操作
  は効果がないので行わない。


問10  給油に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)減速機箱に収めた歯車の給油には、油浴式が用いられる。
(2)開放されている歯車には、グリースやギヤ油を塗布する。
(3)車輪の踏面やレールの上面には、グリースやギヤ油を塗布する。
(4)ワイヤロープには、ロープ専用のグリースを塗布する。
(5)転がり軸受では、軸受にグリースを充てんすると、6ヵ月程度そのまま
  使用できる場合もある。

問11 (原動機及び電気に関する知識)

 電気に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)電気の持つエネルギーは、電動機により光や熱エネルギーに変換される。
(2)三相交流は、主に工場などの生産設備の動力用として使用されている。
(3)発電所から需要地に送電される電力は、一般に交流が使用されている。
(4)電力会社から供給される電力の周波数は、おおむね東日本では50Hz、
  西日本では60Hzである。
(5)交流は、変圧器により電圧を昇降させることができる。

問12  図のような回路に200Vの電圧を加えたときに、抵抗6Ωに流れる電流I
は次のうちどれか。


(1) 1A
(2) 5A
(3) 7A
(4)10A
(5)20A


問13  誘導電動機の同期速度に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)同期速度は、周波数が一定であれば極数に反比例する。
(2)同期速度は、極数が同じであれば、加えられる交流の周波数に比例する。
(3)同期速度は、回転磁界の回転数に等しい。
(4)同期速度は、極数、周波数が一定であれば、加えられる電圧の大きさに
  比例する。
(5)負荷がかかったときの回転子の回転数は、同期速度よりおそくなる。


問14  電動機の付属機器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)抵抗器は、巻線形三相誘導電動機の速度制御をするために用いられる。
(2)ゼロインタロックは、各制御器の操作ハンドルが停止位置になければ、
  主電磁接触器を投入出来ないように結線されている。
(3)電磁接触器は、一般的にばねの力により回路を閉じ、電磁石の吸引力で
  回路を開く機構のものが多い。
(4)大容量のクレーンでは、制御盤は、巻上げ、走行、横行などの用途別に
  設けられることが多い。
(5)配線用しゃ断器は、回路を手動で開閉でき、過負荷や短絡時には自動的
  に回路をしゃ断できる機能を有している。


問15  給電装置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)すくい上げ式トロリ線給電は、がいしでトロリ線を支え、集電子でトロ
  リ線をすくい上げて集電する方式である。
(2)スリップリングは、集電子がリング面上をしゅう動して集電する。
(3)キャブタイヤケーブル給電に使用される案内レールに接触すると、感電
  する危険がある。
(4)トロリダクト方式は、トロリ線給電と比べ充電部分の露出が少ない。
(5)イヤ式トロリ線給電は、パンタグラフを用いて集電子をトロリ線に押し
  つけて集電する方式である。


問16  制御器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)押しボタンスイッチは、正転と逆転のボタンが同時に押せない構造のも
  のが多い。
(2)無線操作用の制御器は、直接制御器の一種である。
(3)無線操作用の制御器には、押しボタン式とハンドル操作式とがある。
(4)操作ハンドルには、水平方向に回して操作するクランクハンドル式と、
  縦方向に操作するレバーハンドル式とがある。
(5)ユニバーサル制御器は、レバーハンドル式制御器でハンドルを前後左右
  に操作できるようにし、2個の制御器を同時にまたは単独に操作できる構
  造にしたものである。


問17  かご形三相誘導電動機の速度制御に関する次の記述のうち、誤っているもの
はどれか。

(1)機械的な緩始動の方法としては、割形軸継手を用いることがある。
(2)電気的な緩始動の方法としては、電源側回路に抵抗器やリアクトル等を
  挿入する方法がある。
(3)巻上装置用の電動機の始動は、通常、全電圧始動が用いられる。
(4)インバータ制御方式では、電動機に供給する電力の周波数を変え速度制
  御を行う。
(5)極数変換方式では、通常、速度比2:1程度のものが多く用いられる。


問18  絶縁抵抗及び漏えい電流に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)普通の使用状態でも、ごくわずかな電流が絶縁物の内部や表面に沿って
  流れている。
(2)絶縁物は、紫外線や熱などにより劣化する。
(3)絶縁物が劣化すると、漏えい電流が減少する。
(4)絶縁物の電気抵抗は、導体に比較して非常に大きい。
(5)電気機器の絶縁の良否は、絶縁抵抗計によって判断できる。


問19  感電に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)人体に流れる電流が大きいほど、危険性が大きくなる。
(2)人体への通電時間が長いほど、危険性が大きくなる。
(3)低圧の100V以下の電圧でも、感電して死亡するおそれがある。
(4)充電部分に触れたとき、体内に流れる電流は、皮膚の状態、足元の地面
  の乾湿の状態等により異なる。
(5)外見が同程度の場合、電気火傷は、普通の火傷より被害が小さいといわ
  れる。


問20  電気設備の保守等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)過電流継電器が作動した場合には、その原因を除去してからでなければ、
  通電してはならない。
(2)電気機器の外被や、変圧器の1線又は中性線から導線を用いて大地につ
  なぐことを接地するという。
(3)アークは、接触器などの接点やしゅう動面が汚れたり荒れたりしている
  と発生しやすい。
(4)負荷のかかっている電路を開路する場合は、開閉器で回路を開き負荷を
  遮断した後に、接触器や遮断器を開く。
(5)点検、手入れ、修理等の場合は、必ず電源スイッチを切り、スイッチ箱
  のふたの施錠や、「無断投入禁止」、「作業中」などの表示を行う。


問21 (関 係 法 令)

 クレーン明細書に下表のように記載されているジブクレーンのつり上げ荷重
は、次のうちどれか。
 なお、このクレーンのつり具の質量は0.2tとする。

作業半径(m) 2.8 10 15 20 27.2
定格荷重(t) 12.5 12.5 12.0 8.2 6.0

  (1) 6.0t
  (2)12.0t
  (3)12.3t
  (4)12.5t
  (5)12.7t


問22  天井クレーンと建設物等との間隔に関する次の記述のうち、誤っているもの
はどれか。

(1)運転室と運転室に通ずる歩道の端との間隔は、原則として0.4m以下
  としなければならない。
(2)クレーンガーダの歩道とその上方にあるはり等の部分との間隔は、1.
  8m以上としなければならない。(ただし、天がいを取付けたものを除
  く。)
(3)建設物との間に設ける歩道の幅は、原則として0.6m以上としなけれ
  ばならない。
(4)天井クレーンと建設物との間に設ける歩道のうち、柱に接する部分の幅
  は、0.4m以上としなければならない。
(5)クレーンガーダに歩道のあるクレーンの最高部(集電装置の部分を除く
  )とその上方にあるはり等の部分との間隔は、0.4m以上としなければ
  ならない。


問23  電気チェーンブロック用のリミットスイッチにおいて、調整すべきつり具等
の上面とドラム等の下面との間隔は、法令上の定めは、次のうちどれか。

(1)0.05m以上
(2)0.07m以上
(3)0.10m以上
(4)0.20m以上
(5)0.25m以上


問24  クレーン運転士等の業務に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)クレーン運転士免許のみを取得している者は、揚貨装置の運転はできな
  い。
(2)床上運転式限定免許のクレーン運転士は、つり上げ荷重が5t以上の無
  線操作式のクレーンを運転することはできない。
(3)床上操作式クレーン運転技能講習修了者は、つり上げ荷重が5t以上の
  定位置式床上押しボタン操作式(ガーダの一端にペンダント式の押しボタ
  ンスイッチを固定した方式)のクレーンを運転することはできない。
(4)クレーン運転士免許では、つり上げ荷重が100tを超えるクレーンを
  運転することはできない。
(5)クレーン運転士免許(昭和53年9月30日以前に交付を受けた免許を
  除く。)の交付を受けた者でも、玉掛技能講習を修了した者でなければ、
  玉掛けの業務を行うことはできない。


問25  下文中の(  )内に入れるA及びBの語句の組合せとして、正しいものは
次のうちどれか。

 「同一のランウェイに並置されている走行クレーンの修理、調整、点検等の
作業を行うときは、( A )をおくこと、ランウェイの上に( B )を設
けること等の危険を防止するための措置を講じなければならない。」

      A           B
(1)合図を行う者      標   識
(2)作業指揮者       標   識
(3)作業指揮者       ストッパー
(4)監視人         ストッパー
(5)監視人         標   識

問26  クレーンの使用に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)やむを得ない事由により、特例の措置を講ずる場合に限り、クレーンに
  その定格荷重の1.25倍までの荷重をかけて使用することができる。
(2)床上操作式クレーンでは、労働者に安全帯を使用させた場合には、つり
  上げた荷の上に乗せたり、つり上げた荷の上で作業させたりすることがで
  きる。
(3)ジブクレーンについては、クレーン明細書に記載されているジブの傾斜
  角の範囲をこえて使用してはならない。
(4)クレーンの運転者は、荷をつったままの状態で運転位置を離れてはなら
  ない。
(5)天井クレーンのクレーンガーダの上で点検作業が行われているときは、
  クレーンの運転を禁止するとともに、その旨を表示しなければならない。


問27  1年以内ごとに1回行う定期自主検査に関する次の記述のうち、誤っている
ものはどれか。

(1)定期自主検査を行う日の前の2月以内に性能検査における荷重試験を行
  ったクレーンについては、定期自主検査の荷重試験は行わなくてよい。
(2)定期自主検査の結果は記録し、3年間保存しなければならない。
(3)1年をこえる期間使用しなかったクレーンについては、その使用を再び
  開始する際に、1年以内ごとに1回行う定期自主検査を行わなければなら
  ない。
(4)定期自主検査については、定格荷重に相当する荷重の荷をつって行う荷
  重試験を行わなければならない。
(5)定期自主検査を行い、異常を認めたときは、次回の定期自主検査までに
  補修しなければならない。


問28  性能検査に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)性能検査は、クレーンの各部分の構造と機能について点検を行うほか、
  荷重試験も行う。
(2)性能検査は、検査証の有効期間の満了後10日以内に受検しなければな
  らない。
(3)性能検査は、所轄労働基準監督署長または性能検査代行機関によって行
  われる。
(4)性能検査を受ける者は、検査に立ち会わなければならない。
(5)性能検査の結果によっては、2年未満又は2年をこえ3年以内の期間を
  定めて有効期間が更新される。


問29  玉掛用具として使用してもよいものは次のうちどれか。

(1)き裂があるつりチェーン
(2)公称径が30mmのワイヤロープにおいて、直径が28mmに減少している
  ワイヤロープ
(3)ストランドが切断した繊維ロープ
(4)6×24のワイヤロープ1よりの間において、20本の素線が切断した
  ワイヤロープ
(5)キンクしたワイヤロープ


問30  労働安全衛生規則やクレーン等安全規則に基づき、所轄、労働基準監督署長
に報告すべき事項に該当しないものは、次のうちどれか。

(1)橋形クレーンが逸走する事故が発生したとき。
(2)クレーンによる労働災害(休業8日)が発生したとき。
(3)つり上げ荷重が0.5t未満のポスト形ジブクレーンを設置しようとす
  るとき。
(4)やむを得ない事由により、クレーンに定格荷重をこえ、定格荷重の1.
  25倍に相当する荷重までの荷重をかけて使用するとき。
(5)クレーン検査証の有効期間をこえて、クレーンの使用を休止しようとす
  るとき。


問31 (力学免除者はこの科目は解答しないでください。)

(クレーンの運転のために必要な力学に関する知識)

 図のようにO点に3つの力OP1、OP2、OP3が作用している場合に、これ
らの合力は次のうちどれか。


(1)OA
(2)OB
(3)OC
(4)OD
(5)OE


問32  スパンの長さが10mの天井クレーンに10tの荷をつり、図のような位置
にクラブがあったとき、左右のランウェイが受ける力の正しい組合せは次のう
ちどれか。
 ただし、ガーダ、クラブ等の荷重は考えないものとする。

    左(R1)     右(R2)
(1)10kN{1tf}    88kN{9tf}
(2)29kN{3tf}    69kN{7tf}
(3)49kN{5tf}    49kN{5tf}
(4)69kN{7tf}    29kN{3tf}
(5)88kN{9tf}    10kN{1tf}


    


問33  質量と比重に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)物体の質量は、体積が同一であっても材質が違えば異なる。
(2)物体の質量と、その物体と同じ体積の4℃の純水の質量との比を比重と
  いう。
(3)つり荷の質量は、つり荷の体積に、つり荷の単位体積当たりの質量を掛
  けると求められる。
(4)銅1m3あたりの質量は、2.3tである。
(5)同じ材質の立方体では、一辺の長さが1/2倍になると質量は1/8倍に
  なる。


問34  重心に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)同じ物体でも、その置き方によって重心を低くしてすわりをよくするこ
  とができる。
(2)重心は、荷の形によっては必ずしも物体内にあるとは限らない。
(3)均質な球体の重心は、その球体の中心点と同じ位置にある。
(4)複雑な形状の物体の重心は、二つ以上になる場合がある。
(5)重心からの鉛直線が底面を外れると、物体は倒れる。


問35  物体の運動に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)等速運動をしている物体が、10秒間に80m移動したとすれば、その
  時の速さは8m/sである。
(2)物体が運動するとき、その速さの程度を示す量を速度という。
(3)運動の基本的な法則には、慣性の法則、運動の法則(運動方程式)及び
  作用反作用の法則がある。
(4)等速直線運動を続けている物体に、負(−)の加速度を与えても停止さ
  せることはできない。
(5)静止している物体は、外からの力が作用しない限り、永久に静止を続け
  ようとする性質がある。

問36  ジブクレーンにおいて作業半径12mのジブが2分間に1回転するとき、こ
のジブ先端の速度は、次のうちどれか。
 ただし、円周率を3.14とし、小数点以下第二位を四捨五入するものとす
る。

(1) 25.9m/min
(2) 30.1m/min
(3) 37.7m/min
(4) 75.4m/min
(5)113.0m/min


問37  クレーンの各部にかかる主な荷重に関する次の記述のうち、誤っているもの
はどれか。

(1)天井クレーンの巻上用ワイヤロープの直線部分にかかる荷重は、引張荷
  重である。
(2)横行用レールが受ける荷重は、圧縮荷重である。
(3)天井クレーンのガーダが受ける主な荷重は、曲げ荷重である。
(4)フックが受ける荷重は、主として圧縮荷重である。
(5)巻上げ中のウインチの軸が、巻上ワイヤロープに引っ張られて受ける荷
  重は、ねじり荷重である。

問38  7cm×10cmの長方形断面の鋼材に14kN{1.43tf}の圧縮荷重が作用す
るときの圧縮応力は、次のうちどれか。

(1) 1N/mm2{0.10kgf/mm2}
(2) 2N/mm2{0.20kgf/mm2}
(3) 4N/mm2{0.41kgf/mm2}
(4) 8N/mm2{0.82kgf/mm2}
(5)16N/mm2{1.63kgf/mm2}

問39  図のように質量14tの荷をつり角度60°で2本のワイヤロープを用いて
つるとき、これに用いるワイヤロープの最小径は次のうちどれか。ただし、つ
り角度60°の張力係数は1.16とする。

  ワイヤロープ         切断荷重
  の直径(mm)          (kN)
(1)30         412{42.0tf}
(2)31.5        454{46.3tf}
(3)33.5        514{52.4tf}
(4)35.5        577{58.8tf}
(5)37.5        644{65.7tf}


問40  図のように一体となっている滑車A、Bの滑車Aに5tの荷をかけたとき、
この荷を支えるために必要な力Fは次のうちどれか。ただし、滑車、ワイヤロ
ープの質量及び摩擦は考えないものとする。

(1) 8.8kN{0.9tf}
(2)11.8kN{1.2tf}
(3)14.7kN{1.5tf}
(4)17.6kN{1.8tf}
(5)19.6kN{2.0tf}



     

(終り)


Copyrights(C) All Rights Riserved. 禁無断複製、無断転載
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。